FAANG株の将来性。

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

投資の世界で生き残りたいのなら、覚えておかなければならないことが1つだけあります。

ウォール街の唯一の生き残る術は「CHANGE」です。現在市場で最も影響を与えている株のいくつかの中には、ある時点では市場で全く話題にならないものでした。

皆様ご存じのその企業は…

ある時点で、Apple(AAPL)の株を1株あたりわずか0.15ドルで購入できたはずです。

もちろん、その裏返しとして、90年代にゼロックス(XRX)を155ドルで購入し、それ以来25ドル前後で推移してます。

物事はすべて変化します。

私たちが安全だと信じている株にも起こります。

FAANG株– Facebook(FB)Apple(AAPL)Amazon(AMZN)Netfilx(NFLX)Google(GOOG)–はそのような種類の株でした…

今現在市場が「無敵」と見なしている株は、そのうちの1つが下向きのスパイラルに入っている可能性があるため、もはや流行り株ではない可能性があります。

これら5社のうち、深刻な逆境と戦わなければならなかったのは1社だけでした。過去数年間でますます多くの競争が発生し、市場シェアと優位性が低下しました。

どれか分かりますか?

Netflix(NFLX)です…

Netflixは、Disney(DIS)もストリーミングゲームに参入することを決定して以来、大まかな動きを見せてきました。AmazonPrime、Hulu、Peacock、Tubiなどの企業が該当しているでしょう。

Netflixにはまだ提供できるものがたくさんあります…

既にや高成長のハイテク株ではありません。

優良企業ではありますが、市場の今後の取り組み方が変わります。

これは、会社が最近収益の期待を逃し、収益目標をかろうじて上回り、加入者の成長に失敗したときに、多かれ少なかれ証明されました。

会社の第2四半期の数字を見てみましょう…

一株当たり利益は目標価格の3.16ドルを下回り、19セント下がった2.97ドルで、決して衰弱させることはありませんが、残念な結果になりました。

収益目標は73.2億ドルで、これにより2億ドル増加し、73.4億ドルになりました(もちろん、「2億ドルの増加」というニュースを一文に収めるのはばかげていると思いますが、市場の反応はご存知でしょう。

加入者に関しては、NFLXは200,000プラスを下回り、目標の175万人の新規加入者をわずか154万人の新規加入者を追加することで達成できませんでした…

しかし、正直なところ、Netflixが集客できるのはあと何人ほどでしょうか?

残念ながらNetflixの第2四半期のレポートに期待する人はそれほど多くありません…

しかし、いつものように、ウォール街はそれが得たよりも良いと期待していました–特に、パンデミックで外出機会が少なくなり、膨大な数の人々を新規加入者へ導くという目標を逃しました。

新規加入者を逃すことによって(つまり、Netflixのコストが上昇していることを意味します)、会社が加入者の成長を維持するためにあらゆる手段を講じているにもかかわらず…

これは会社にとって良い前兆ではありません。

第3四半期を見ると、Netflixは、オザーク、ストレンジャーシングス、ウィッチャーのフランチャイズで最もパフォーマンスの高い番組のいくつかの新しいエピソードの今後のリリースにより、350万人の加入者を追加すると予想しています…

しかし、それでもアナリストが予想する487万人を下回っています。

ただし、前に述べたように、市場が現在選択肢で飽和しているという事実とこれを組み合わせると、Netflixが更なる優良株になるのは難しいです…

しかし、会社は引き続き利益を上げられると私は信じていますが、かつて会社の定番であった大きな利益は少なく、ドードーの様に絶滅する道を進んでいます。

Netflixは悪い投資ではないでしょう…

しかしかつての様な強力なハイテク株ではありません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

AMZN FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT SOL STEPN TSLA おしゃれ おすすめ イーサリアム ウクライナ ウッドショック コイン テスラ ドジーコイン ニュース ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 中国株 住宅 住宅ローン 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利 電気自動車