地鎮祭にかかる費用・必要なもの・格好は?

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

本日は着工前に行う地鎮祭について解説いたします。

家の着工前に行う最初の行事が地鎮祭になります。

地域の氏神様を鎮め、建築中の安全祈願や完成した家の繁栄を祈願いたします。

様式は宗教によって異なりますが、一般的には神式の神主さんに執り行ってもらいます。

仏式でお坊さんに行ってもらったこともありました。

日程は大安を選ぶことが多いです。

用意するものは

・お初穂料(おはつほりょう)1万円程度~

下には自分の名前を記入します。

・鯛2匹(2匹で3000円くらいでOK)

※海産物ならOKという事で鯛が手に入らなかった時に昆布で代用したこともあります。

・大根1本

・人参1袋(数本)

・ごぼう1袋(数本)

・きゅうり1袋(数本)

・果物(りんごやミカン等数個程度)

・塩1キロ

・日本酒1升(蝶結びののしをつけるとgood)

・米1合(研いだものを1晩乾かす)

基本的にはこんな感じです。詳しいことは建てられるメーカーさんや工務店さんに確認してください。

これだけ揃えるのに2万~3万程必要になります。

格好は私服でOKです。

礼節的な格好をするのであればスーツを着用しましょう。

地鎮祭そのものは30分程度で終わります。

地鎮祭後に近隣の方に挨拶に回る事も有ります。

挨拶の品に決まったものはありませんが、タオルを配ったり、地域で使用しているごみ袋を配ったり人それぞれです。

マイホーム建築は初めてばかりの事で不安が多いですが、一つずつ担当の方に確認した方がいいでしょう。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

↑クリックしていただけると励みになります。↓

IH LIXIL YKK おしゃれ やってみた ウォークインクローゼット ウッドショック ウッドデッキ エコキュート スタイリッシュ デメリット ビットコイン フローリング メリット メリット・デメリット ユニットバス リクシル リップル リフォーム 反省点 収納 収納計画 和室 外壁 家事動線 快適 投資 投資信託 換気 断熱性 断熱材 新築 施工事例 汚れ 注文住宅 洗濯 洗濯物 湿気 火災保険 物干し 米国株 買って良かった 除湿器 高性能サッシ