【新築・中古住宅】長持ちする住宅の特徴は?

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

マイホームをお考えの方で、一生住める家に住みたいと思っている方も多いですよね。
長持ちする家には特徴があります。
そこで本日は、長持ちする家の特徴について詳しく解説します。

□日本の家の寿命が短命な理由

住宅の平均寿命は、日本約30年、アメリカ約100年、イギリス約140年と言われています。
この数字を見ればわかる通り日本の住宅の寿命はとても短いですよね。


では、どうして日本の住宅は寿命が短命なのでしょうか。
ここでは、日本の家の寿命が短命な理由についてご説明します。


考えられる理由としては、高度経済成長期の、過剰な経済合理性に基づいた採算性重視のツケがあります。
高度経済成長期の大量生産大量消費が加速し、三大都市圏への人口流入も加速しました。
この頃に日本の住宅事情が変わり始め、住宅には早く、安く、大量にという考えが求められました。


ハウスメーカー主導の家づくりにより、日本の住宅は短命になっているというようにも考えられているようです。


また、ハウスメーカーは長持ちする家を作ってしまうと経営が成り立たなくなってしまいます。

そのため、安い新建材が使用されていることも日本の住宅の寿命が短命な理由だと考えられます。

新建材とは化学合成品で作られた建材のことで、劣化しやすいです。

□長持ちする家の特徴

上記では、日本の家の寿命が短命な理由についてご説明しました。
他国との寿命の違いに驚いた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。


しかし、日本に住んでいてもできるだけ長持ちする家に住みたいですよね。
そこでここでは長持ちする家の特徴について2つ紹介します。


1つ目は、地震や水害などの災害に強い家です。
地震で建物が傾けば、建物がひび割れ、家自体の強度が低下してしまい、長持ちしづらくなります。
家の性能も大切ですが、そもそもその家はずっと建っていられるのかについて考えてみると良いでしょう。

2つ目は、定期的なメンテナンスがしやすい家です。

風や雨に打たれると劣化の原因になります。

そして、長年それを放置すると建物の寿命は縮まってしまいます。
トラブルがあった時にすぐ修繕したり、定期的に不具合のチェックができていると家が長持ちしやすくなります。

□まとめ


この記事では、日本の住宅が短命な理由と長持ちする家の特徴についてご説明しました。

この記事を参考に、長持ちする家に住んでください。
少しでもお役に立てると幸いです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AMZN FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT SOL STEPN TSLA おしゃれ おすすめ イーサリアム ウクライナ ウッドショック コイン テスラ ドジーコイン ニュース ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 中国株 住宅 住宅ローン 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利 電気自動車