高気密高断熱住宅で快適に過ごせるのか!?

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

皆さんは、高気密高断熱という言葉をご存じですか。

高気密高断熱な住宅は、1年を通して快適に過ごせるという魅力があります。

そのため、注文住宅をご検討中の方にはぜひ知っていただきたいです。

今回の記事では、高い気密性と断熱性を兼ね備えた家の特徴をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

□高気密高断熱な家とは何かをご紹介します

ここでは、高気密高断熱な住宅とは何か、ご紹介します。

まず、高気密な家とはその名の通り、気密性を高めた住宅を意味します。

一般的に、家には壁や床、天井などに微小な隙間があり、そこから空気が出たり入ったりしています。

そのため、外の温度が室内に影響を与えてしまうのです。

もちろんですが、この隙間が多ければ多いほど、冷暖房が効きにくくなってしまいますね。

高気密な家では、こういった隙間を特殊な建築部材や気密テープを使うことでしっかり埋めています。

そのため、外気に影響されずに室内温度を一定に保てているのです。

また、高断熱な家とは、断熱性が高い家を意味します。

例えば、冬は外の冷気の影響で室内がひんやりとしますよね。

これを解消するべく、高断熱な家では外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性が高い窓を設置したりしています。

そうすることで外気の影響を受けにくくするだけでなく、なによりも冷暖房を効率的に活用できます。

光熱費が高くてお悩みの方にとっては、ありがたいですよね。

ここまで高い気密性と断熱性を兼ね備えた家の特徴をご紹介しましたが、これらはセットで考える必要があります。

どんなに気密性が高くても、断熱性が低ければ、壁や天井から冷気が伝わりますからね。

□高気密高断熱な家のメリットをご紹介します

続いて、高気密高断熱な家のメリットをご紹介します。

メリットは、なんといっても1年を通して快適に過ごせることです。

先ほどもご紹介した通り、高い気密性と断熱性を兼ね備えた家は、外の暑さや寒さの影響を受けづらくなります。

そのため、冷暖房を効率よく利用できるのです。

これは夏や冬などの季節に限った話ではなく、1年を通して快適に過ごせるのが最大のメリットと言えます。

□まとめ

今回は、高気密高断熱な家の特徴をご紹介しました。

高気密高断熱な家は、室内環境を整えてくれるのはもちろん、長い目で見ても光熱費が抑えられ、とても魅力的でした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

IH LIXIL YKK おしゃれ やってみた ウォークインクローゼット ウッドショック ウッドデッキ エコキュート スタイリッシュ デメリット ビットコイン フローリング メリット メリット・デメリット ユニットバス リクシル リップル リフォーム 反省点 収納 収納計画 和室 外壁 家事動線 快適 投資 投資信託 換気 断熱性 断熱材 新築 施工事例 汚れ 注文住宅 洗濯 洗濯物 湿気 火災保険 物干し 米国株 買って良かった 除湿器 高性能サッシ