新築だけじゃなく賃貸にも影響?LIXIL値上げの裏側

LIXILから「住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格の一部改定について」と題して発表がありました。

サッシを始め、トイレ・浴室などの住宅設備だけでなくエコカラットの値上げも予定されております。

2022年4月1日の受注分からメーカー希望小売価格を改定するとの事です。

アルミや樹脂、半導体など原材料価格や物流コストの上昇を商品価格に転嫁する。

トイレは住宅用の「アステオ」や部品などで2~33%程度値上げ。

住宅用の窓サッシは10~12%程度価格が上がります。

水栓金具は一部の部品価格が2.1倍に上昇しますが、平均では10%程度の値上がりとなる。

「スパージュ」などの浴室やユニットバスルームは4~39%ほど価格が上昇するが、9月に値上げを公表した「BLCW」などの商品は今回の価格改定の対象には含まれないとの事です。

その他はキッチン(約2~11%上昇)や洗面化粧台(約2~7%上昇)も対象だ。建材の原料となるアルミなどの価格は「想定以上に高騰している」(LIXILの瀬戸欣哉社長)という。

既に値上げを発表している集合住宅向けユニットバス「BLCW」・サッシの値上げによりアパートの建築費が膨らむと、家賃を建てる際のコストアップ・改修費アップにもなるため家賃にも少なからず影響を及ぼす可能性は大いにあり得ます。

また、他メーカーも値上げしてくるとの情報もあります。

タカラスタンダードさんも4月から値上げを検討しているとの情報もあり、今新築やリフォームを検討されている方は早めに商談を済ませておいた方がいいかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AMZN FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT SOL STEPN TSLA おしゃれ おすすめ イーサリアム ウクライナ ウッドショック コイン テスラ ドジーコイン ニュース ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 中国株 住宅 住宅ローン 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利 電気自動車