イギリスで全ての新築住宅などにEVコンセント義務化

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

こんな気になる記事を見つけました。

日本もこれから電気自動車に対する政策等が増えてくるでしょう。

新しい家を買うとき、何が思い浮かびますか?それとも新しい家を借りるますか?
建てる場所は間違いなく重要です。あなたは街に行きたいですか、それとも田舎に行きたいですか?
航空交通からの騒音が絶えずある空港の近く?
高速道路のすぐそばにあるので、すぐにアクセスできるところにしますか?

また、どんなタイプの家が欲しいですか?伝統的なれんが造りの家?
コブコテージ?
いずれにせよ、誰もが家を買うこと必要なことがたくさんあるでしょう。

おそらくあなたは、電気自動車の充電コンセントがすでに設置されている家を探しています。
このアイデアに関して、イギリスは、EVの所有者だけでなく、将来のEVの所有者にとっても、新しく建てられた家ごとに必須の電気自動車充電ポイントを導入することで、より簡単にできるようにしています。
つまり、法律により、すべての新築住宅には、電気自動車の充電ポートが必要です。まだ所有していない場合でも同様です。

これにより、英国の完全電気ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の両方の所有者が、家庭用充電器と同様に、約100,000個のEV充電しテーションの設置に資金を提供している政府の家庭用充電器補助金を使用することが容易になります。

なぜイギリスはEVコンセントを新築に付けたいのか?

2018年、英国政府は「ゼロへの道:よりクリーンな道路輸送と産業戦略の実現に向けた次のステップ」を発表しました。その文書に発表された調査によると、2017年には英国で810万台以上の中古車が販売されました。そのうち、10,000台以上がゼロエミッション車でした。これは2016年から77%の増加でした。

これは、消費者が排出物をなくしたいと望んでおり、ますますそうしていることを示しています。下のグラフは、2017年に英国の道路や高速道路を走る車両のほとんどがガソリンまたはディーゼル燃料であったことを示す他の調査を反映しています。
首相と運輸長官によって書かれたフォワードで。クリス・グレイリング氏は、昨年、政府は「英国全体で高成長、高生産性のグリーン経済」を生み出すことを目的とした「大胆で統合された産業戦略」を打ち出したと述べています。

それは21世紀に向けた経済であり、その大部分は沿道の二酸化窒素濃度の問題を解決するための計画です。目標は、大気汚染物質への曝露を削減し、温室効果ガスの排出を削減し、英国のエネルギー安全保障を改善することです。

これらのポリシーの1つは、世界で最高の電気自動車インフラストラクチャネットワークの1つの開発をサポートすると述べています。彼らは、これを行うためのいくつかの方法をリストしています。

「私たちが今後数年間に建てる家が電気自動車に対応していることを確認します。すべての新しい家は、必要に応じて、充電ポイントを利用できるようにすることが私たちの意図です。必要に応じて、英国の新しい住居に充電ポイントインフラストラクチャの要件を導入することについて、できるだけ早く相談する予定です。」

英国は、レンジエクステンダー電気自動車、プラグインハイブリッド車、および完全電気自動車が市場で最もクリーンな自動車の1つであり、環境に大きなメリットをもたらすことを知っています。

英国は、ゼロエミッション車の設計と製造の最前線に立ち、2040年までにすべての新車が実質的にゼロエミッションになることを望んでいます。政府はNO2計画で、 2040年までに新しい化石燃料を動力源とする自動車とバン。また、2050年までにすべての自動車とバンがゼロエミッションを生み出すことを望んでいます。

引用:https://cleantechnica.com/2019/09/03/electric-car-charge-posts-to-be-installed-in-every-new-home-in-england/

こちらの記事を翻訳したものです・

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AMZN EV FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT STEPN TSLA おしゃれ おすすめ株 アルトコイン イーサリアム イーロンマスク ウクライナ ウッドショック グロース株 コイン テスラ テンバガー バイナンス バリュー株 ビットコイン マルチバガー メリット リクシル リフォーム ロシア 不労所得 億万長者 収納 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 米国株 配当株 電気自動車