地震に強い家を建てたい!

「地震に強い家の特徴を知りたい」

「自分の家が地震に強い家なのか知りたい」

こんなふうにお考えの方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、地震に弱い家の特徴と地震に強い家の特徴をご紹介します。

新築住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□地震に弱い家の特徴とは?

1つ目は、ビルトインガレージのある家です。

土地を有効活用できるビルトインガレージですが、1階の道路側の壁がほとんどないため、全体のバランスが悪くなってしまいます。

2つ目は、大きな吹抜けのある家です。

光がたくさん差し込み、家族間のコミュニケーションが楽になる吹抜けは素敵ですよね。

しかし、先述したビルトインガレージと同じように、地震の揺れに備える柱と壁の量が少なくなり、耐震性が低くなってしまいます。

3つ目は、増改築をした家です。

増改築をした家は、地震が起きた際に改築した部分としていない部分の境界面に負荷が集中し、壊れやすくなってしまいます。

また、上に増築した場合も、耐震強度が元の住宅と異なったものになるため、地震に弱くなってしまいます。

4つ目は、地盤の柔らかい場所に建てられた家です。

地盤の柔らかい場所に建てられた家は、大きな地震が起こった際、地盤が建物の重さに負けてしまいます。

地盤が建物の重さに負けると、家が沈下したり、傾いたりしてしまいます。

□地震に強い家の特徴とは?

1つ目は、地盤の強い土地に建てられている家です。

先述したように、地盤の強さは耐震性に大きく関わってきます。

家を建てる際は必ず事前に地盤調査を行いましょう。

そして、地盤が弱いと診断された場合は地盤の補強を行ってください。

2つ目は、基礎工事をしっかり行っている家です。

建物の基礎がしっかりしていないと、地震が起きた際に倒壊してしまう恐れがあります。

多種多様な工法から適した工法を選び、しっかり基礎を作りましょう。

3つ目は、耐震等級にこだわっている家です。

耐震等級とは、建物の地震への強さを3段階で表したものです。

数字が大きくなるにつれて地震への強度も上がります。

長く安心して暮らしたいという方は、家を建てる際に耐震等級を意識してみると良いでしょう。

□まとめ

この記事では、地震に弱い家の特徴と地震に強い家の特徴をご紹介しました。

ぜひこの記事を参考にして、地震に強い家を建てましょう。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AAPL FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT STEPN TSLA おしゃれ おすすめ おすすめ株 アルトコイン イーサリアム ウクライナ ウッドショック グロース株 コイン テスラ テンバガー ドジーコイン バイナンス バリュー株 ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利