“高層化”進む木造建築 木材高騰で新たな動きも

地球環境への配慮もあり“木造の高層ビル”の建設ラッシュが世界各地で起きています。

東京・稲城市では今月、国内最大級の5階建て木造マンションが完成しました。

1階は鉄筋コンクリートで、2階から上は全て木造です。 木造と聞いて気になる点を確認しました。

(Q.『耐震』は?) 三井ホーム技術研究所・小松弘昭さん:「釘1本から開発して普通の壁より10倍くらい強い壁をつくっている。木造の軽い建物を強い壁で支えることによって、鉄筋コンクリートのマンションと同等以上の耐震性。震度7には耐えられる」

(Q.『耐火』は?) 三井ホーム技術研究所・小松弘昭さん:「この強化石膏(せっこう)ボードを2枚貼りして、非常に頑丈に耐火被覆することで、1時間くらい仮に消火活動しないで燃えたとしても、中の構造はまったく燃えない。焦げも生じない」

(Q.『防音』は?) 渡辺瑠海アナウンサー:「上の階と下の階でボールを使って試しました。本当に何も聞こえません」 三井ホーム技術研究所・小松弘昭さん:「建物を木造で作るのは、エコあるいはCo2削減の観点から、世界的なトレンド」 コンクリートに比べ、軽量で扱いやすい木材を使えば、工期が短縮され、コストも削減できるといいます。

法改正や技術革新で可能となった、こうしたメリットを追い風に、広がりを見せる木造化の流れは、すでに都心でも。 東京・銀座に完成したばかりの『HULIC&NewGINZA8』は木材と鉄骨を組み合わせてできています。銀座の中心に森をつくるというイメージだと言います。

去年新しくなった新聞社の3階建てのオフィスは、装飾だけでなく、構造にもヒノキやカラマツを使った木造建築です。

日刊木材新聞社・岡田直次社長:「色々、毎日いらいらする仕事ですが、できたら木の建築の中で、リラックスしてのびのびと仕事して頂いたらいいかなと。(木は)成長していくなかで酸素を放出し、二酸化炭素を吸収する。“木材とともに生活する”地球温暖化対策への一つの貢献かと」 温室効果ガスの削減が世界的な課題となるなか、一歩先を行く国もあります。

2017年、カナダで大規模な木造の学生寮が完成。53メートルの高さは当時、世界一でしたが、その2年後には、ノルウェーに高さ85メートルの木造高層ビルが登場し、世界トップの座を奪いました。

建設ラッシュの様相を呈する木造建築ですが、不安要素がないわけではありません。 新型コロナによる物流の混乱や北米の建設ブームで、木材価格は世界的に高騰。日本でも多用されるアメリカ産木材の先物価格が一時、前年比で4倍に跳ね上がるなど、調達が困難な状況が続いています。 この難局を打開するため、国内で新たな動きが生まれていました。

鳥取・南部町の製材工場が力を入れるのが、地元産の木材を使ったCLTと呼ばれるパネルです。繊維の向きを互い違いにして、複数の板を貼り合わせることで、強度はコンクリートに匹敵するとされ、マンションやビルにも使用できます。 大規模な木造建築の普及は、業界全体の活性化につながるといいます。

鳥取CLT・中西康夫統括部長:「中規模、大規模の(木造建築)にどんどん使われることによって、木材の新しい需要として、しっかり地元なり日本で使用されて循環していく。当然そういうところで、新しい雇用とか、すべて生まれる」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c9128752d88496e4ad99cfeab753465492bccea6

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AMZN EV FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT STEPN TSLA おしゃれ おすすめ株 アルトコイン イーサリアム イーロンマスク ウクライナ ウッドショック グロース株 コイン テスラ テンバガー バイナンス バリュー株 ビットコイン マルチバガー メリット リクシル リフォーム ロシア 不労所得 億万長者 収納 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 米国株 配当株 電気自動車