絶対読んでおきたい収納アイディア

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

過去に収納計画和室を小上がりにして収納を作る事等について書きましたが、今回は収納アイディアをまとめました。

新築住宅を考える上で避けては通れないのが、収納をどうするかですよね。

少なすぎると部屋にモノが溢れてしまうし、逆に広すぎると、どうしてこんなに作ってしまったのだろうと後悔してしまうかもしれません。

今回は、収納のアイデアについて紹介します。

□収納を考える際のポイント

まず最初に申し上げておきたいのは、収納は数が多ければ良いという訳ではなく、使い勝手の方が重要だと言うことです。

これから解説するポイントを押さえることで、収納に関するアイデアをより膨らませることができるでしょう。

まずは衣類に関しての収納ですが、自分がハンガーを良く使うのか、それとも引き出しに良く収納するのかを確認してください。

自分が普段どちらを良く使い、日常生活でどのように衣類を収納しているかをシュミレーションすることで、アイデアをより具体化させられるでしょう。

次は自分がどのようなものを持っていて、どこに収納したいのかを考えてみてください。

現在持っているものを書き出してリスト化し、その中で不要なものは新築への引っ越し時には処分して、必要なものだけ持っていくようにしましょう。

その必要なものは新築生活で、実際にどのように使うのかを想像して、その際に収納できるスペースも一緒に考えると良いでしょう。

費用対効果もしっかりと考えてください。

収納スペースは広い方が良いとお考えかもしれませんが、広ければ広いほど、その分家の面積が広がって建設費用がかかります。

その建設費用が、収納するものに見合ったものかどうかをしっかりと判断するようにしましょう。

万が一、新築に住み始めて収納スペースを思っていた以上に使わなかった場合、その分の費用がもったいなく感じてしまうかもしれません。

このようなポイントを踏まえた上で、収納スペースを考えてみてください。

□収納のアイデアについて

ここでは収納に関する具体的なアイデア・実例について紹介していきます。

例えば、少しでも無駄な動きを減らしたいとお考えの方であれば、玄関と洗面脱衣所を近くして、その間にファミリークロークを作ってみてはいかがでしょうか。

汚れたものはすぐに洗濯機に入れられるし、乾燥機付きの洗濯機であれば、洗濯した後もその場で畳んで収納できてしまいます。

玄関を広めにとって作る、ゴルフバッグ、ベビーカー、そしてアウトドアグッズなど収納できる大型のシューズクロークもオススメです。

収納する場所と、くつろぐ場所を明確に分けてしまうことで、どこにしまったかわからないようなこと避けられます。

□まとめ

今回は収納のアイデアをご紹介させていただきました。

是非参考にしてみてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
一戸建・建売住宅ランキング

LIXIL YKK おしゃれ やってみた ウォークインクローゼット ウッドショック ウッドデッキ エコキュート スタイリッシュ デメリット ニュース ビットコイン フローリング メリット メリット・デメリット メンテナンス ユニットバス リクシル リップル リフォーム 住宅ローン 反省点 収納 収納計画 和室 外壁 快適 投資 換気 断熱性 断熱材 新築 施工事例 木造 汚れ 注文住宅 洗濯 洗濯物 湿気 火災保険 物干し 米国株 買って良かった 除湿器