住みやすい家の条件とは??

中古住宅や新築住宅を購入するなら住みやすい家や街に住みたいですよね。

そこで、今回は住みやすい家の条件と住みやすい街の特徴をご紹介します。

住宅購入ご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□住みやすい家の条件とは?

住みやすい家には以下の条件があります。

1つ目は快適な室内環境があることです。

気温や湿度が変わりやすい環境は住みやすいとは言えないですよね。

住みやすい家には1年中適切な温度、湿度に保ってくれる快適な環境が大切です。

そのような快適な環境を作るためには、家の気密性や断熱性などを気にすると良いでしょう。

2つ目は効率的な動線を実現できる家をつくることです。

家事動線や生活動線が短くシンプルだと、日々の生活を効率的に送れます。

特に朝の準備をする際に無駄な動きを削れると、時間に追われることなく身支度できます。

すべての動線のバランスを取るのはなかなか難しいですが、なるべく効率良く動ける家を選びましょう。

3つ目は十分な収納があることです。

収納不足は住まいの悩みであげられることが多いです。

収納が不足していると部屋がごちゃごちゃした印象になってしまいますよね。

十分な収納がある家を選んで、片づけをストレスなく行えるようにしましょう。

4つ目はライフスタイルへの変化に対応可能な家であることです。

家はこれから数十年過ごし続けていく場所です。

そのため、お子様の成長から巣立ち、老後までのライフスタイルに合わせられる家にしましょう。

□住みやすい街とは?

*女性にとって住みやすい街

女性にとって住みやすい街の条件に治安の良さが挙げられます。

深夜営業のお店が多い街が近くにあったり、家の近くに街灯がなかったりする地域は不安ですよね。

さらに、人通りが少ない道が多い地域もおすすめしません。

また、治安が良いかどうかを確認するときにはコンビニエンスストアのごみ箱を確認してみると良いでしょう。

何が捨てられているのか、マナーが守られているのかを確認することで治安の良さを知る材料になります。

*共働き世代にとって住みやすい街

就学前のお子様がいらっしゃるご家庭なら、お子様を預けられる施設の有無を確認しておきましょう。

また、帰宅時間が遅いご家庭は周辺のスーパーの営業時間も確認しておくと良いでしょう。

お店が多い街であっても、帰宅する頃に営業していなければ使いようがありません。

□まとめ

今回は住みやすい家や街の特徴をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

参考になった部分があれば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AAPL FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT STEPN TSLA おしゃれ おすすめ おすすめ株 アルトコイン イーサリアム ウクライナ ウッドショック グロース株 コイン テスラ テンバガー ドジーコイン バイナンス バリュー株 ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利