梅雨到来。建築中材料が雨に濡れても大丈夫?

2021年5月17日

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

とうとう九州沖縄地方は梅雨入りしましたね。

今回は建築中に雨に材料が濡れても大丈夫なのかという疑問にお答えいたします。

家を建てている間雨が一切降らないってことは避けれませんが、濡れても大丈夫な部分と、濡れたまま施工するのが良くない部分があります。

基礎や土間コンクリート等は濡れても大丈夫ですが、基礎完了後、床を伏せる時に基礎の中が濡れたままだと、湿気による床下のカビの原因になったりもしますし、湿気で床を傷める原因にもなります。

そこは建築中注意してみといた方がいい所です。

構造材の柱や梁等は乾燥材を使用しているので表面的には濡れていても問題ありません。

雨が上がった後、数日たっても柱が乾いていないとなれば話は別ですが・・・

屋根の下地(合板等)は濡れたなら、乾かしてからルーフィングをしてもらったほうがいいでしょう。

そもそも普通であれば職人さんも雨に濡れないように十分気を使ってくれていることでしょう。

石膏ボードは雨に濡れると使い物にならなくなるので、逆に心配ないかもしれません。

濡れて乾燥してもボロボロで張れない状態になってしまいます。

雨どい・外壁のコーキングを施工するときは雨の日を避けた方が良いでしょう。

基礎の鉄筋が雨に濡れて錆びてしまってるけど・・・

大丈夫です。鉄筋が錆びていても強度には問題ありません。

駐車場のコンクリート打った時に雨が降ってしまったけど強度は大丈夫?

大丈夫です。コンクリートは水分が多くても強度が弱くなることはありません。むしろ水分がないと弱いです。

今回のまとめ

柱や鉄筋・コンクリート等は多少雨に濡れても平気である。

床の下地・屋根の下地等は乾かしてから施工した方が良い。

このように建築中の雨が与える影響は箇所によって様々です。

ここが気になるという方はメールやメッセージを頂ければご返答いたします。

お気軽にご相談ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
一戸建・建売住宅ランキング

IH LIXIL YKK おしゃれ やってみた ウォークインクローゼット ウッドショック ウッドデッキ エコキュート キッチン スタイリッシュ ビットコイン フローリング メリット メリット・デメリット リクシル リップル リフォーム 反省点 収納 収納計画 和室 土地探し 外壁 家事動線 快適 投資 投資信託 換気 断熱材 新築 施工事例 楽天ポイント 楽天市場 汚れ 洗濯 湿気 火災保険 物干し 米国株 買って良かった 防犯 除湿器 高性能サッシ