外観デザインの決め方、後悔しないために。

こんにちはてりねこブログ管理人のsugiです。

住宅の外観って非常に大事ですよね。

新築やリフォームを考える際に、外観のデザインの決め方でお悩みの方はいらっしゃいませんか。

外観は家の印象を左右するものなので、絶対に後悔したくありませんよね。

しかし、どうやってデザインを決めれば良いか分からない方が多いでしょう。

そこで今回は、注文住宅の外観デザインの決め方をご案内します。

□外観の決め方をご紹介

まず、外観を決める際のポイントをご紹介します。

*白などの単色でまとめる

まず1つ目は、白などの単色でまとめることです。

外観は、単色か2色までに抑えるのが無難です。

いくつもの色を使ってしまうと落ち着かない印象になり、時には家が小さく見えてしまうケースがあります。

色の組み合わせでも後悔しやすいので、依頼先に完成予想図を作成してもらい、それを参考にしながら決めていきましょう。

*外観のデザインイメージを絞る

2つ目は、外観のざっくりとしたデザインイメージを絞ることです。

例えば、外観を洋風にするか和風にするかではかなり印象が違いますよね。

外観によって内装の設備まで変わることがあるため、慎重に選びましょう。

外観の種類によってそれぞれメリットとデメリットがありますので、それを把握しておくことが重要です。

*形状を決める

3つ目は、住宅の形状を決めることです。

住宅全体の形はもちろん、屋根や窓の形もきちんと考えた上で決めましょう。

中でも窓は内装に合わせて決めてしまいがちです。

しかし、そうすると外から見た時にまとまりがなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

□外観デザインを決める際の注意点とは

続いて、外観デザインを決める際の注意点をご紹介します。

1つ目は、周囲の家との色の調和を考えることです。

外壁を赤や黄などの奇抜な色にしてしまうと、周りから浮いてしまいます。

自分の家が景観を壊してしまわないようにしましょう。

なお色を決める際に、小さなサンプルだけでは判断がしにくいので、その色を大きな壁面に使うとどんな色になるのかを確認しておくと良いですよ。

2つ目は、安全性の高いデザインにすることです。

例えば、日光をたくさん取り入れたいからといって大きな窓を設置すると、家の中が丸見えになってしまいます。

窓を設置する位置やカーテンなどのアイテムも一緒に考える必要がありますね。

3つ目は、メンテナンスのしやすさを考えることです。

こだわりのある住宅を考えても、時間が経てば必ず劣化します。

その際の補修がしやすいように外観を検討しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅における外観の決め方をご紹介しました。

家の印象を決める外観は、自分のこだわりを詰め込むだけでなく、安全性や周りの家との調和を考えてデザインしましょう。

てりねこブログ - にほんブログ村
一戸建・建売住宅ランキング

IH LIXIL YKK おしゃれ やってみた ウォークインクローゼット ウッドショック ウッドデッキ エコキュート キッチン スタイリッシュ ビットコイン フローリング メリット メリット・デメリット リクシル リップル リフォーム 反省点 収納 収納計画 和室 土地探し 外壁 家事動線 快適 投資 投資信託 換気 断熱材 新築 施工事例 楽天ポイント 楽天市場 汚れ 洗濯 湿気 火災保険 物干し 米国株 買って良かった 防犯 除湿器 高性能サッシ