住宅にかかるランニングコストを抑えたい!

「家にかかるランニングコストを知りたい」

「光熱費のランニングコストを抑えたい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家にかかるランニングコストと光熱費のランニングコストを抑える方法をご紹介します。

新築をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□家にかかるランニングコストとは?

1つ目は、光熱費です。

光熱費は、快適に生活するのに欠かせない費用です。

照明にもエアコンにも、料理をするときにもかかります。

光熱費があまりかからない低燃費の家を建てることで、光熱費をぐんと下げることも可能です。

2つ目は、修繕費です。

修繕費は、家が大きく劣化し、補修が必要なときにかかる費用です。

外壁塗装にしても、屋根の葺き替えにしても大きな費用がかかります。

シロアリ防除は5年ごとにメンテナンスが必要になるため、しっかり把握しておきましょう。

□光熱費のランニングコストを抑える工夫とは?

ここまでは、家のランニングコストについて解説します。

次は、光熱費のランニングコストを抑える工夫を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

1つ目は、高気密高断熱住宅にすることです。

高気密高断熱住宅にすることで、外気の影響を受けにくい状態になります。

外気の影響を受けにくくなると、冷暖房効率が上がり、電気代を抑えながら快適に過ごせます。

初期費用はもちろん高くなってしまうのですが、長い目で見ると得するでしょう。

2つ目は、外壁です。

外壁が複雑な形をしていて外気と触れる面積が大きくなってしまうと、その分室内の温度にも影響が及びます。

そのため、凹凸の少ないシンプルな家が外気の影響を受けづらく、光熱費を抑えるのに適した構造と言えます。

家の大きさや形を決める際は、ぜひその点も考慮してみてください。

3つ目は、間取りです。

間取りによって外壁の形が変わるため、先述したように凹凸の少ない外壁になるような間取りを考えましょう。

また、天井の高さにも注意が必要です。

一般的に暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下にたまりやすいです。

そのため、天井を高くしすぎると冬場の暖房効率が悪くなってしまいます。

もし、天井を高くする際はサーキュレーターを使用して暖房効率を上げる工夫をしましょう。

□まとめ

この記事では、家にかかるランニングコストについて解説しました。

また、光熱費のランニングコストを抑える方法を紹介しました。

この記事がお客様の家づくりの役に立てば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

AAPL FIRE GMT GST LIXIL move-to-earn NFT STEPN TSLA おしゃれ おすすめ おすすめ株 アルトコイン イーサリアム ウクライナ ウッドショック グロース株 コイン テスラ テンバガー ドジーコイン バイナンス バリュー株 ビットコイン メリット リクシル リフォーム ロシア 中古住宅 副業 収納 収納計画 成長株 投資 新築 施工事例 暗号資産 暗号通貨 株価 株式 株式市場 注文住宅 米国株 金利